仮想通貨

ICOってなんだよ? めっちゃ簡単に解説します

暴騰暴落、荒ぶるチャート、仮想通貨元年は仮想通貨で一攫千金を夢見てしまうものです。

でも今からだと乗り遅れな気がして、天井を掴まされてしまわないか不安ですよね、、、

そんなときにはICO。リスクはありますけど面白いですよ。
リスクはありますけど。

ICOって何さ

ぐだぐだ書いてもわかりにくいですよね。

こんなイメージです。

ICOする人
ICOする人
  • 私はブロックチェーンを用いて働かなくても飯を食えるようにします!
  • でもプロジェクトの資金がありません! だからICOします!
ICOする人
ICOする人
  • 1000tadameshi = 1イーサリアムで販売します!
  • 販売枚数は100万tadameshiです!
ICOする人
ICOする人
tadameshiを持っていると、近くのお店の残飯が送られてきます!

 

わたし
わたし
素晴らしいプロジェクトだ! 買った!

 

ICOする人
ICOする人
大手取引所に上場したし、プロジェクトも成功したぞ!

 

ICOする人
ICOする人
tadameshiはすごい

 

tadameshiの価格が上昇

 

わたし
わたし
やったぜ!

ちょっと詳細

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、トークン販売が行われます。
(トークンとは既存のブロックチェーン上で発行した独自通貨です)

また発行者が総発行枚数や1枚あたりの値段を決めることができます。

株式市場のIPOと非常に似ていますね。

購入者のメリット
  • 大抵のICOは大手仮想通貨取引所(bittrexとか)に上場することを目指しています。
  • そうすると一気に流動性が上がり、さらにプロジェクトが成功すると価格上昇の可能性も出てきます。
  • そうすれば売って利益を得ることができますし、プロジェクトの内容によっては保持することでメリットが生まれることもあります。
  • プロジェクト単位で投資する株のようなものですね。
実施者のメリット

圧倒的資金調達

リスクについて

めっっっちゃリスクあります。

ここまで書いといてあれですが、平穏に過ごしたいならやらないほうがいいです。

リスクの例です。

  • 上場しない
  • プロジェクト失敗
  • scam

上場しないと売りさばけませんし、
仮に上場してもプロジェクトの人気が低かったら価格がICO時より下がることなんてざらです。

scamの可能性もあります。

買って持ち逃げされたら、誰が保証してくれるのでしょうか?

中国ではICOが規制されているくらいです。

超ハイリスク商品と思ってほしいです。
余剰資金中の余剰資金、パチンコ行くよりはマシ程度に思って欲しいです。

それでも面白い

世の中を変えるんじゃないかと思うプロジェクトを見ると、応援したくなる気持ちが湧いてくるものです。もちろん稼ぎたいのもありますが。

余剰資金中の余剰資金で仮想通貨取引をし、そこで利益が生まれたらICOに当ててみる。そんな感じで挑戦してみるのがいいかもしれないですね。