仮想通貨

仮想通貨のサイドチェーンとは? なんとなくわかるように解説します

最近注目されているサイドチェーンと呼ばれる技術についてまとめてみました。

あなたがなんとなくサイドチェーンの雰囲気を掴みましたら、私の勝ちです。

サイドチェーンとは

ブロックチェーンの柔軟性を上げる技術なんです。

例えばBitcoinの規格を大きく変えたい時、それを実現するには大勢の同意が必要になります。でもそれって面倒ですよね?

だったらBitcoinのブロックチェーンの隣にもう1つ俺流ブロックチェーンを作ってしまえ。だいたいそんな感じです。

でも保持したBitcoinをいきなり他のブロックチェーンに乗せるなんてこと、不可能です。

じゃあどうやるのか

下手な図で一生懸命説明します。

目的

Bitcoinを「俺流サイドチェーン」で利用したい。

id:tozuka:20180209025259j:plain

1. Bitcoinを隔離

Bitcoinを誰も利用できないアドレスに隔離します。つまりロックします。

id:tozuka:20180209025325j:plain

2. サイドチェーンに報告

サイドチェーンにBitcoinをロックしたよと報告します。サイドチェーンはそれを確認したら「わかった!」と返してくれます。

3. 隔離したBitcoinと同数のサイドチェーントークンを受け取る

隔離したBitcoinを担保にBitcoin(仮)をもらえます。サイドチェーンのトークンは本手続きでのみ発行されます。

id:tozuka:20180209025412j:plain

4. 元に戻す

もちろん逆の手順でBitcoinへ戻すこともできます。その際サイドチェーンから同数のトークンが消えます。

id:tozuka:20180209025431j:plain

自由度が高いところがすごい!

ブロックチェーンを独自にデザインできるわけですからとにかく自由なんです。

やりたいプロジェクトに対して現存する通貨だと仕様が合わない時、

今まで
→新しく通貨を作ろう

これから
→サイドチェーンを作ろう!

となるわけです。

それに加え、サイドチェーン生成時に周りの合意は不要です。コンセンサスを取ってからの行動はだるいので、いいですね。

その他仕様

  • BitcoinがPoWだからってサイドチェーンはそれに従う必要なし
  • サイドチェーンで不正が起きたらロックされたBitcoinが死ぬ
  • もちろんBitcoinに限った話ではない(上記はあくまで例)
  • 自由な分リスクもある(side chainの仕様がよく考えられていなかったり、、、)

これってどうなん

基本的にはメリットが多いと思います。できることが増えるわけですからね。

もちろんサイドチェーンをしっかりと定義する必要があるので、設計者のスキルによるところがあると思いますが。

今はまだ実装された通貨が少ないですが、今後は普及が進むんじゃないかなと思っています。